「書く」を武器にメシを食う。

単に書くスキルを上げるのでなく、読み手の「行動変容」を起こすことを目的とする勉強会コミュニティ。

もっと詳しく >

《開催告知》12/18(水) いとしま前原“地域活性”の立役者に学ぶ!「糸島ライティング勉強会」

《開催告知》12/18(水) いとしま前原“地域活性”の立役者に学ぶ!「糸島ライティング勉強会」 ニュース

来たる11月18日(月)、福岡県糸島市にていとしま前原“地域活性”の立役者に学ぶ!「糸島ライティング勉強会」を実施します。

 

ここ最近「糸島+◯◯」のキーワードでググるとやたらと、このWEBサイトの記事がヒットします。

糸島のゲストハウス「前原宿ことのは」さんが運営するサイトです。なぜ検索にひっかかるかというと、絶えず地域情報を発信され続けているからです。

サイトを運営するのは、ゲストハウスオーナーの野北智之さん。

とくに糸島の中心市街地である前原エリアを活性化すべく、「マエバルウォーク」「前原DIYリノベウィーク」など、同じ志を持つ仲間とともに積極果敢に地域活動に携わっておられます。

 

今回の勉強会では、つねに「他者貢献」の姿勢をブラさず発信し続ける野北さんに、「地域情報を届けるためのライティング」をテーマに、発信することの意味、書き方のコツについて幅広くお話いただきます。

※上記画像はことのはさんのWEBサイトよりお借りしました

《概要》

  • 日時:2019年12月18日(水)19:00〜21:00
  • 場所:福岡県糸島市前原西4−5−28 有田クリニック2F 糸島よかとこラボ内 [GoogleMAP]
  • 費用:1,500円
    ※どなたでも参加いただけます
    ※書くメシメンバーは無料
  • 定員:8名
  • 主催:書くメシ

タイムスケジュール

  • 19:00〜 イントロ講座「情報発信すると仲間が集まる」川添祐樹(20分)
  • 19:20〜 メイン講座「地域情報を届けるためのライティング」野北智之(70分)
    <内容>
    ✅ 活動紹介
    ✅ なぜ地域情報を発信するのか?その効果とメリット
    ✅ WEBメディアでの取材・記事作成のポイント
  • 20:30〜 質疑応答(30分)
    ※終了後、会場内で交流を深める懇親の時間を設けます(希望者のみ)

こんな人におすすめ

  • 地域の活動を情報発信を通じて広めたい人
  • ライターとして取材や記事作成に携わっている人
  • WEBメディア運営に携わっている人

など、テーマに関心がある人なら年齢・国籍・性別・その他趣味趣向、いっさい問わず。

講師プロフィール

野北智之(のぎたともゆき)

野北智之(のぎたともゆき)

1981年生まれ。福岡県糸島市出身。明治大学建築学修士課程修了。東京にてサラリーマン生活後に、宮城県仙台市出身の妻の佳奈と一緒に、一年間の世界一周旅行へ。ボランティア・民泊を楽しみながら、そして世界中の友人と再会しながら、合計23ヵ国93都市を訪れる。帰国後、地元の糸島市でゲストハウス『前原宿(まえばるしゅく)ことのは』を開業。同時に中心市街地活性化の取り組みにも関わる。糸島映画祭『いとシネマ』実行委員。

川添 祐樹(かわぞえゆうき)

「書くメシ」主宰、株式会社アイガモ🦆代表取締役。
かつて経産省(クールジャパン)、ソフトバンクホークス等において公式ライターを担当。その後企業向けWEBサイト構築業務にも従事し、これまで500社近くのライティングを手がける。2018年には「読み手の行動変容と書き手の自己実現」をビジョンに「書くメシ」を立ち上げる。現在国内外にてメンバー90名。

参加申し込み方法

下記のいずれかの方法でお申し込みください。

  1. Facebookイベントページ:参加ボタンを押してください(←諸連絡はこちらで投稿しお知らせします)。
  2. 「お問合せ」ページ:「勉強会への参加希望」を選択し送信ください。